レゴ買取センター

レゴブロックの新品・中古品の買取は、高価買取実績多数!
任せて安心のLEGO買取センターをご活用ください!

レゴ買取は0120-415-276 今すぐ電話でご相談! 受付時間:10時~17時

レゴ買取連絡手段のアイコン

コラムColumn

LEGO ハリーポッター 買取

【レゴ買取実績】ハリーポッター 4866 夜の騎士バスなど 買取金額:9,000円

ハリーポッターこと通称ハリポタ!?

プリベット通り四番地の住人ダーズリー夫妻は、「おかげさまで、私どもはどこからみてもまともな人間です」と言うのが自慢だった。
本で読んだ方なら、見覚えのある一文ですよね。
そうです、ハリーポッターシリーズ第一作目の最初の一文です。
この一文からどんどん読み進めていき、気づけば日本中で、いえ、世界中でハリーポッターのブームが巻き起こり…ハリーポッターファンになった方も多いのではないでしょうか。

今回は買取させて頂いたLEGOハリーポッターシリーズについて解説していきます。

今更ながら、ハリーポッターって…

ハリーポッター LEGO 買取

ハリーポッター、日本においては、おそらく、聞いたことの無い方はいないのではないかと私、筆者は思っています。
ただ、本を全巻読んだ方、映画を全編見た方となれば、少し限られてくるのではないでしょうか。
かく言う私も、本を断念し、映画を見に行った覚えがありますが…
日本語に翻訳されたハリーポッターを全巻読んだ後、原作の英語版まで読んだという、つわものもいましたが…恐れ多い限りです…

「初」だらけ!?作者・訳者について

では、早速ハリーポッターの概要をお話していきたいと思います。
世界中で人気のハリーポッターですが、イギリスの作家J・K・ローリング氏により執筆されました。
彼女はこの頃まだ、当時は無名の新人だったと言われています。そんな彼女の初作品が後に世界的なベストセラー作品となるハリーポッターだったのです。
ジャンルとしては、児童文学で、ファンタジー小説のシリーズ作です。
全7巻で11冊発行されています。
翻訳も約70の国の言語でされているというから驚きです。
そして、これを日本語に翻訳されたのが、松岡佑子氏です。
松岡氏の夫が創業した静山社(出版社)からの初の翻訳文学作品が、ハリーポッターだったというわけなのです。
1999年、ハリーポッターシリーズ第一作目、「ハリーポッターと賢者の石」が松岡氏により翻訳されました。
これがベストセラー入りすることになるのですね。

物語のあらすじを手短に・・・

ハリーポッター あらすじ

さて、物語の内容ですが…
時代設定は1990年代の後半、両親をなくした主人公ハリーが、魔法学校へ入学するところから始まります。
その魔法学校で様々なことに直面し、立ち向かう主人公の7年間のヒストリーを描いたものです。
と、文章にして書き表せば、たった数行に満たないものですが、本では11冊にも及ぶのですね。
「魔法」と聞くと、私たちの現実社会からは遠くかけ離れたものどころか、非現実的ですが、そのファンタジー感が読む人に夢を与えているのでしょうね。
だからこそ、ファンが子どもだけでなく、大人にも多いというのは、言うまでもありませんね。
しかし、現実離れしてはいるものの、『まるで自分がその物語の中にいるかのような感覚に陥る』と全巻読んだハリーポッターファンから聞いたことがあります。
このような不思議な体験が本を読み進めていくことの理由なのでしょうね。
ここまでは原作に基づいた本の内容でしたが、映画ではどうなのでしょうか。

映画について

映画は、日本において2001年頃に初公開されました。
約10年間の末に、8作品目を最後として完結しました。
物語の時系列は基本的に公開順になっています。
本で11冊にも及びますが、さすがに映画では凝縮されたものとなっています。
また、そうした理由から、少し内容が違うと捉えることもできるかもしれません。
これは、原作が日本語に翻訳された経緯にも当てはまることだと、私は思います。
英語をまるっきし日本語に訳すことの難しさや語彙もあると思います。
それは、語彙だけではなく、雰囲気を具現化する際にも当てはまると思います。
何が伝えたいかと申しますと、一言です。
本、映画、原作、それぞれに良さがあります。
読み、見比べてみることが出来るという点も、このハリーポッターシリーズの醍醐味のような気がします。

今回、売って頂いたのはどんなレゴ?

今回、お買取りさせて頂いたレゴ3セットのうち、最もピース数の多い「夜の騎士バス(4866)」について解説していきます。

LEGO ハリー・ポッター 夜の騎士バス 4866

夜の騎士バスはシリーズ3作目の「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」に登場する乗り物です。
外観の特徴はズバリ2つ。
3階建て&色がムラサキである事。
イギリス出身の作者J・K・ローリング氏にとっては当たり前かもしれない2~3階建てのバスですが、生粋の日本人である筆者にとってはファンタジーでしかありません。
次に色ですが、「ロンドンバス=真っ赤」という先入観があるので、ムラサキの外観も違和感と「夜」を感じさせてくれます。

ちなみに余談ですが通常のロンドンバスもレゴクリエイターで発売されています。

LEGO クリエイター ロンドンバス 10258

気になる方は是非!
ではその「夜の騎士バス」の登場シーンについて解説していきます。

夏休みに母方の伯母であるダーズリー家に帰省していたハリーでしたが、親戚の意地悪が原因で家を出てしまいました。
あてもなく外を歩いていると、突然現れた夜の騎士バスに乗り込んでしまいます。
そこから魔法界の商店街「ダイアゴン横丁」へ向かいストーリーが展開されます。

それをレゴブロックで再現したものが2010年に発売された4866です!
257ピースとレゴの中では決して多くないですが、3階建ての車内は、内装のシャンデリアやベッドなど、細かなディテールです。
しかも「魔法界きっての揺れ(LEGO公式サイトより)」を再現するためにインテリアは揺れ動くものもあります。
たったの257ピースで原作の世界観を表現するLEGO社には脱帽するしかありませんね。

【詳細】
型番:4736/4865/4866
商品名:自由の身トビー/禁じられた森/夜の騎士バス
ピース数:73/64/257
状態:未開封
買取金額:9,200円
※まとめて

これからお売りいただくあなたへ

レゴ宅配買取HPバナー

LEGO買取センターでは、レゴブロックを高価買取させていただいております。
バラレゴからミニフィグ1体まで、どんなLEGO製品でも売る事が出来ます。
日本全国から送料・手数料完全無料の宅配買取で買い取らせていただきます。
無料査定結果にご同意を頂けたお客様限定で無料宅配買取キットを送ることもできます。
元箱・説明書なし、「バラレゴ」でももちろん買取OKです。
現在キャンペーン中につき、バラレゴはキロ500円、ミニフィグは100g800円でお買い取りさせて頂きます。

レゴブロックに詳しいスタッフが一点一点細かく査定しております。
無店舗型の特性を生かし、リサイクルショップではできない高価買取を実現しています。
買取金額については、サイト内の買取相場表をご覧頂くか、弊社までお気軽にお問い合わせください。

 

レゴ買取

レゴ買取

  • レゴ買取用無料電話レゴ買取用無料電話
  • レゴ買取無料査定レゴ買取無料査定
  • レゴ買取用LINE査定レゴ買取用LINE査定