【2019年最新版】レゴの「種類が多すぎて分からないっ!」を徹底解説 ~ライセンステーマ編~

COLUMN

こんにちは!「LEGO買取センター」買取サポートチームの青木です。

前回のレゴの「種類が多すぎて分からないっ!」を徹底解説 ~プレイテーマ編~では
主に、LEGO社オリジナルのテーマ
を解説させていただきました。

そこで今回は、レゴの「ライセンステーマ」について解説していきます。
レゴのライセンステーマとは、有名キャラクターの版権を使用したものです。
誰だって、お気に入りの映画やアニメのキャラクターや乗り物を組み立ててみたいと思うはずです。
そんな声に応えて、「ライセンステーマ」は登場しました。

レゴ スター・ウォーズ

レゴ社の長い歴史のなかで、初めてのライセンス商品は1999年の「レゴ スター・ウォーズ」でした。
登場する乗り物はブロックとして組み立てる事ができ、キャラクターはミニフィグとして登場します。
スター・ウォーズの世界観と相まって、今なお絶大な人気を誇っています。

エピソードⅠ ファントム・メナス

レゴ スターウォーズ 7171 Mos Espa Podrace

セットのひとつ「レゴ モス・エスパ・ポッドレース(7171)」では、自作のポッドに乗った、幼いアナキンが登場します。
彼自身の自由を賭けた危険なレース、「ブーンダ・イブ・クラシック」でライバルと競争できます。
珍しい配色や形状のパーツがのこのセットは、ファンから熱い支持を受けています。

エピソードⅡ クローンの攻撃

レゴ スターウォーズ Jango Fett's Slave I (7153)

エピソードⅡには、賞金稼ぎのジャンゴ・フェットも登場しました。
※「レゴ ジャンゴ・フェットのスレーブⅠ(7153)」
スレーブⅠには、投下爆弾やマグネット付きコンテナなど、宇宙船の細かい機械構造が再現されています。

エピソードⅢ シスの復讐

レゴ スター・ウォーズ ジェダイ・スターファイターとバルチャー・ドロイド 7256

エピソードⅢの人気セットは「レゴ ジェダイ・スターファイターとバルチャー・ロイド(7256)」です。
ジェダイ・ナイトとアナキン・スカイウォーカーが新型Eta-2に乗り込み、最後の任務に向かいます。
その道中、敵対勢力のバルチャー・ロイド襲撃されてしまいます。
ヒーローと敵、両方の戦闘機が入ったこのセットで、壮絶なバトルシーンを再現できます。

エピソードⅣ 新たなる希望

レゴ Star Wars Ultimate Collector's Millennium Falcon 10179

エピソードⅣのセットといえば「ミレニアム・ファルコン」です。
画像の「レゴ Ultimate Collector’s Millennium Falcon(10179)」は、史上最大のレゴセットで、
総ピース数は5,000を超えます。
長さ84cm、幅56cm、高さ20.3cmと桁外れに大きいです!
映画のミレニアム・ファルコンを忠実に再現したこのモデルは、スター・ウォーズファンの憧れの的となりました。

エピソードⅤ 帝国の逆襲

レゴ スター・ウォーズ Xウイング・ファイター 4502

エピソードⅤで紹介したいのが「Xウイング・ファイター」です。
※「レゴ Xウイング・ファイター(4502)」
レゴのXウイング・ファイターは1999年に発売されています。
その後、2003年に再リリースされました。
再リリースで、色使いや大きさ、ディテールに大きな改良が加えられ、より本物に近づきました。

エピソードⅥ ジェダイの帰還

LEGO スターウォーズ デス・スターStar Wars Death star

画像のセットは16歳以上の上級ビルダー向けの「第2デス・スター」です。
※「レゴ UCS Death Star Ⅱ(10143)」
3000個以上のパーツからなる「第2デス・スター」は驚くことに直径48cmもあります!
スーパーレーザービームを組み立てるための蛍光色のパーツや、縮尺に対応した「スター・デストロイヤー」も付属です。

クローン・ウォーズ

レゴ スターウォーズ アナキンのスター・ファイター 7669

2008年にスターウォーズに新シリーズ「クローン・ウォーズ」が登場しました。
上の画像のセットは、新シリーズに先駆けて、特別に先行販売されたものです。
※「レゴ アナキンのスター・ファイター(7669)」です。
こちらのスター・ファイターには、フリックミサイルやドロイド射出機能が搭載され、パワーアップしています。

レゴ インディ・ジョーンズ

indiana

2008年、スリリングな脱出で馴染みの映画「インディ・ジョーンズ」がレゴの世界に冒険にきました。
ムチを片手に、世界中を駆け巡る考古学者が、レゴの世界でも大活躍します!

LEGO 寺院遺跡からの脱出

上の「レゴ 寺院遺跡からの脱出(7623)」はインディ・ジョーンズの代名詞ともいえる、転がる大岩。
それを、やわらかいプラスチック製のパイプで見事に表現しています。
その他の仕掛けも充実しており、レゴで映画の世界を疑似体験できます。

レゴ バットマン

batman

2006年、レゴの世界に1人のダークナイトが颯爽と現れました。
その名も「バットマン」
武器や道具をたずさえ、悪と戦います。

 バットモービル 究極のコレクター版 7784

「レゴ バットマン」の中でも、人気はやっぱり「バットモービル」です。
※「レゴ バットモービル 究極のコレクター版(7784)」
こちらはコレクター向けのセットで今にも動き出しそうです。
全長45cm、幅15cmのこの車は、なんと1045ピースから出来ています!

レゴ  マーベル スーパー・ヒーローズ

LEGO marvel

日本でも男女問わず大人気の「MARVEL」が、2012年にレゴの世界に登場しました!
「アイアンマン」「ハルク」などおなじみのキャラが活躍します。

LEGO スーパー・ヒーローズ クインジェットでの空中バトル 6869

このセットは大ヒット映画「アベンジャーズ」を元にした「レゴ クインジェットでの空中バトル(6869)」です。
ヒーロー達の象徴的な乗り物クインジェットに加え、ロキ、ソー、アイアンマンなどのミニフィグが入りで超豪華。
最大の敵であるロキとの空中戦を再現できます!

レゴ ハリー・ポッター

harry

レゴのハリー・ポッターシリーズは、映画「ハリー・ポッターと賢者の石」が公開された2001年にスタートしました。
映画のキャラクターがたくさん登場するで、秘密の部屋や動く階段、不思議な生き物などがよみがえります。

LEGO ホグワーツ城

レゴ「ハリー・ポッター」シリーズで一番人気はやっぱり「ホグワーツ城」です。
これまで、お城や教室など10以上のセットが誕生しています。
上の画像の「レゴ ホグワーツ城(5378)」は、映画5作目の「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」のお城です。

レゴ ディズニー

LEGO デュプロ ディズニー ミッキーとミニーのバースデーパレード 10597

1999年、レゴ社はディズニーの定番キャラクターを使用した、幼児向けのレゴが発売されました。
11年後の2010年には、大人も子供も楽しめる、アクションやアドベンチャーをテーマにしたセットが発売されています。
画像のセットは「レゴ デュプロ ディズニー ミッキーとミニーのバースデーパレード(10597)」です。
カワイイ、ミッキー&ミニーのフィギュアとデコレーションできる汽車付きです。

レゴ ディズニーアクション

LEGO アン王女の復讐号 4195

レゴのディズニーアクションシリーズで最も人気のテーマが「パイレーツ・オブ・カリビアン」です。
画像の「レゴ アン王女の復讐号(4195)」は精巧な作りが魅力のセットです。
船にはブロックが発射される大砲、自由に角度を変えられる帆など、仕掛け満載です!

レゴ ディズニー アドベンチャー

ディズニー社は、大人も子供も楽しめるアニメを数多く送り出してきました。
そんなアニメのキャラクター達がレゴになったのですから、楽しくないはずがありません!
中でも人気は「トイ・ストーリー」「カーズ」です。

LEGO ウッディーのいっせいけんきょ(7594)

「レゴ ウッディーのいっせいけんきょ(7594)」

LEGO カーズ ビッグ・ベントレーの脱出 8639

「レゴ カーズ ビッグ・ベントレーの脱出(8639)」

レゴ ロード・オブ・ザ・リング

lego ロード・オブ・ザ・リング

この記事のトリを飾るライセンステーマは「ロード・オブ・ザ・リング」です。
このテーマの登場を、世界中のレゴファンが待っていた、そう言っても過言ではないと思います。
※かく言う筆者もロードオブザリング大ファンです。
2012年、壮大な3部作映画にもとづくレゴが発売されました。
レゴの世界でも、指輪の仲間たちを冒険に連れていくことが出来ます。

LEGO ロード・オブ・ザ・リング ヘルムズディープの戦い 9474

こちらの「レゴ ヘルムズディープの戦い(9474)」では、「ウルク=ハイ」軍の兵士に包囲された人々が、
ヘルムズディープの要塞を守るために戦う名場面が再現できます。
映画「ロードオブザリング 二つの塔」の名シーンです。

まとめ

レゴのライセンステーマ解説、いかがでしたでしょうか?
あなたも夢中になったテーマがあったと思います。
今回の記事がレゴの購入や買取の参考になれば幸いです。

LEGO買取センターでは、お客様のLEGOの中古購入からから買取までを徹底サポートします。
ご不明点がありましたら、LEGO買取センターにお気軽にご相談下さいね。

それでは良いレゴライフを!
最後までお読みいただきありがとうございました。

画像引用元
Amazon.co.jp
bita.jp

  • 無料査定申し込み
  • LINE査定申し込み
LEGO買取センター お問い合わせ連絡先
  • 〒816-0912
  • 福岡県大野城市御笠川2丁目9−3
  • TEL:0120-4152-76
  •   (受付時間 10時~18時)
  • Eメール:info@lego-kaitori.com

買取の流れ

買取査定はこちらから

お問い合せはこちらから

LINE査定はこちらから

pagetop

LEGO買取センター

Copyright (C) Lego Kaitori Center. All Rights Reserved.

Copyright (C)
Lego Kaitori Center. All Rights Reserved.